Category: 電子ロック

近代は鍵のデジタル化が一種の流行になっています。そうなると、錠前に鍵を差し込んで鍵を回しながら解錠するという機械的な行為はいずれ無くなるでしょうね。既に指紋認証による施錠システムやタッチキーシステムが市場には流通しています。また、電子キータイプの施錠システムにおいても、暗証番号を入力するタイプやカードキータイプも数多く利用されています。とくにカードキータイプの場合、高級ホテルやマンションなどでは大変好評のようです。例えば従来の施錠システムの場合、お客さんが鍵をフロントに返すのを忘れたり、時にはホテル内のどこかで落として紛失をしたりというトラブルがあるようなのです。そんな場合には、シリンダーを交換するという事態にもなるために、余分な出費がかさむというのです。一方カードキーにした場合、カードに記録した磁気情報を錠前本体で認識をするという施錠システムなので、錠前自体を交換するという事態にはならないようなのです。お客さんにとってもホテルの部屋を出る際には、使用済みカード入れに入れるだけなので、フロントで鍵を管理する必要もないため負担が軽減するようです。

その他、スマートキーというダイハツやホンダが車に採用している施錠システムもあるようです。さらに、2015年から市場に出回るようになりつつあるスマートフォンでドアの開け閉めができるという施錠システムも今後流行する模様です。スマートロックと呼ばれている次世代デジタル施錠システムになるのですが、その最大の魅力は1万円から2万円程度で今ある施錠システムを取り替えることなく、その上に取り付けるという合理的なシステムになります。

鍵の施錠と解錠がスマートフォンで可能になると、当然遠隔操作も可能になるということにもなります。錠前本体は、各メーカーによって多少違いはあるようですが、現時点では海外メーカーがすでに実際に市場に展開を始めているようですね。