電子ロックとアナログロックのメリット・デメリット

電子ロックとアナログロックのメリット・デメリットについてですが、電子ロックの場合には、ドアを閉める際には自動施錠されるというメリットがあります。こうした電子ロックの自動施錠機能をマイロック機能と呼んでいるのですが、電子ロック機能を備えたお家だけがまさに高級マンション並みのセキュリティーレベルが保障されるといえるでしょうね。一方アナログロックの場合には、自動で施錠されるということはあり得ないでしょうね。従って、ゴミ出しに無施錠で家を留守にしたほんの少しの間に、空き巣に侵入されたということも起こっています。そうした点については、アナログロックにとってデメリットであることは明らかですね。

それから電子ロックの場合には、全てオートロックされる上に錠前に鍵穴がないのです。しかも、バールでこじ開けようとする空き巣に対しては、大音量の警報音を鳴らしながら威嚇してくれるのです。従って、空き巣がピッキングで侵入するスキすら与えないといえるでしょうね。一方アナログロックの場合には、空き巣によるピッキングの心配があるために、ドアは二重ロックにする必要性があります。あるいはまた、ドアをこじ開けて侵入してくるという心配もあります。その他にも、鍵を掛けただろうか?という出先で心配するという問題についても、電子ロックは自動施錠になっているので、一切心配する必要もなくなります。

電子ロックのメリットはまだまだあります。賃貸住宅にお住まいの場合には、入退去時のシリンダー交換も必要ありません。前入居者の情報を消去して使用できないようにすることが可能なのです。このように、電子ロックとアナログロックとの違いは、歴然としているといえるでしょうね。